自分の印鑑

自分の印鑑イメージ

みなさん、自分の印鑑って持ってますか?
若い人はまだ印鑑なんて持ってない人が多いんでしょうか。
アルバイトやお仕事をしている人だったら持っているかな?

印鑑って一家にひとつあればいいなんていうように思っていたけれど、実はそれでいいというわけではないんですよね。
印鑑はひとりにひとつというように思っているのがいいと思います。

小学生や中学生で自分の印鑑を持っているのもいいと思いますよ。
もちろん人目にさらすためではなく通帳をつくって貯金をしたりできますもんね。

最近の印鑑は女の子が好きそうなデザインのものや男の子が持ってもかっこいいものが揃っているのでお子さんと一緒に、お子さんの好きなもので印鑑をつくるのもいいですよね。

【はんこの専門店@印鑑楽天店】
メーカーからの直送により、スピーディに高品質・低価格の商品をお届けいたします。

いくら子どもだといっても、自分の印鑑や通帳を持つということでなんとなく大人の仲間入りをした気持ちになるかもしれませんよね。
子どものうちからたとえば子のお話のように通帳をつくるというのであればお金の大切さについて、また印鑑とはどういうものなのか、また大切さを一緒に学ぶのもいいことではないでしょうか。

自分でお金を稼ぐようになる前に、こういったことを学んで知っておくということは本人にとっても大きな意味があると思います。

印鑑をつくるということは社会に責任を持つということです。
その印鑑を押すことによってすべてが変わってしまう事だってあるのですから。
印鑑というのは日本人にとって日常に閣下背内とても大切なものであり、また逆に怖いものであるということも認識しましょう。

ページの先頭へ