個人事業主には印鑑は必要?

法人印鑑イメージ

印鑑は法人のものも個人のものいろいろなものがありますよね。
個人の印鑑は実印・銀行印・認印の3つがあれば大丈夫、なんて言われています。
法人、会社ではやはり個人と同じように、会社の名前での実印・銀行印・認印、他に角印というものも必要になります。

では、「個人事業主」としてお仕事をする場合、法人のような印鑑ってやっぱり必要なの?個人事業というのはその名の通り「個人」です。
だから法人の印鑑というのは必要はなく、個人の印鑑が基本だといいます。

でもいくら個人事業だといっても「お仕事」の印鑑があってもいいですよね。
メリハリをつけるという意味でも、屋号をつけてその印鑑をつくるというのもいいですよね。

そこで、本来は特別用意する必要のないものかもしれませんがもしかしたら後々必要になるかもしれない・・・
ということで、あったら便利だというものを調べてみました。

個人事業では、まず「印章」。これは個人名のもので、実印などでなくともいいのです。
個人事業主は、法人が法務局へ登記しなくてはいけないのと同様税務署へ届出をします。

その時に印鑑は必ず必要なのです。
本来はこれだけで十分だけれど、他にあると便利なものとして、「住所印」です。住所や電話番号などが入ったものです。

あとは「銀行印」です。
もちろん銀行は個人口座になるので、今現在持っている口座の銀行印で十分です。が!先ほどあげた印章とは別のものにしましょう。

そして、法人にもある「角印」。なくてもまったく問題ありません。
でも、あるとなんだかかっこいいということでつくる人もいるようですね。
個人事業用に、せっかくだからと印鑑をつくるのもいいですよね。

ページの先頭へ