使わなくなった印鑑

印鑑イメージ

これから印鑑を新しくつくろうと思っている人、いますよね。
お家に印鑑はいくつあるでしょう?もしかしたら認印に使ったものや三文判と呼ばれるような印鑑は家の中を探せばいくつか出てくるかもしれませんね。

そんな古い印鑑ってどうしたらいいんでしょう。
皆さん知ってますか?実は毎年10月1には「印章の日」とされていて、使わなくなってしまった印鑑は印鑑供養を行っている神社などで供養してもらうといいらしいです。

印鑑供養、はじめて聞きましたが、確かに針供養とか、そういうものがありますからあっておかしいものではありませんよね。

印鑑供養をしている神社といってもなかなか見つからなかったりするでしょう。
そういったときには自分でも行えるといいます。

清潔な布、紙などに包み仏壇・神棚、または清潔な場所に約1年ほどまとめて保管した後土に埋めるか焼却するといいようです。
が、なかなかこういったことは自分でできないと思いますので、「全日本印章業組合の加盟店」に印鑑供養を依頼することもできる場合があるといいます。
一度確認をしてみるのがいいでしょう。

どんな方法にしても、自分の分身であるともいえる印鑑ですから感謝の気持ちで処分しましょう。
何よりも印鑑は名前が彫られているものですから処分の仕方を誤ると悪用されかねません。

もういらないわ、ポイっ、なんて処分の仕方は決してしてはいけません。
そういうものを探し出してよからぬことに私用している人も世の中にはたくさんいるのです。
気をつけましょう。

ページの先頭へ