結婚しても使える印鑑

結婚イメージ

個人で持つ印鑑は姓を表すものがほとんどですよね。
でも、たとえば女性が仕事などで認印などが必要で購入しても、結婚したときには姓が変ることがほとんどで、せっかく買った印鑑でももったいないことになってしまうことがあります。

子供が生まれたときに記念に印鑑をつくるということが以前からありますが、男の子の場合ならよほどのことがなければ一生使うことができますが、女の子と場合では結婚すれば姓は変ってしまうことがほとんどなので、女の子が生まれた場合には男の子と同じように印鑑を購入することはちょっと考えてしまうと話を聞きます。

夫婦別姓だなんて今では普通のことでも、一般的にはやはり姓が変ることのほうが多いですからね。
生まれた女の子に贈るのであれば名前のみでの印鑑をつくって贈るのがいいでしょう。
もちろん男の子にも。

銀行印でも実印でも、ほとんどの場合名前だけの印鑑の登録は問題ないので印鑑贈られた赤ちゃんが大人になっても長く使うことができるものですよね。
赤ちゃんの頃にもらった印鑑で大人になってそれを使い続けることができるというのもとてもステキなことですよね。

それに名前だけの印鑑であれば、印鑑の偽造など悪用されてしまうということに対しても最低限の防御をすることができます。
一般的な姓だけの印鑑に比べたら悪用される可能性も小さくなるでしょう。

もちろん大人の女性でも名前だけの認印をつくる方も多いようですよ。
しゃれっ気もあってかわいいかもしれませんね。

ページの先頭へ